<< 2011.3.6〜3.12 | main | 計画停電 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
東日本大震災
3/11(金) 地震があった。東日本大震災。
私は、会社に居た。
22階なのでかなり揺れ、本当に死ぬかと思った。
デスクの下に入りながらも、旦那に電話をするもつながらず、
hiroは、保育園だし、どうしようかと心配でならなかった。
その後、しばらくして旦那と連絡がつき、
ちょうどhiroを迎えに行っているところだと言う。
幸い、旦那が自宅作業だったので、迎えに行くことができた。
良かった。
隣に住む義父母も無事だという。
私の実家にもやっと連絡がつき、みんな無事だという。
とりあえずホッとした。
でもまだ地震は続く…。

会社で帰宅許可が出たが、電車は動いていない。
旦那が車で迎えに来てくれると言っていたが、
自宅近辺は停電で信号も止まり、道路は大渋滞だという。
車で迎えに来てもらうのはあきらめ、私はとりあえず会社に残ることに。
社員は、ほとんどが歩いて帰宅。会社に残っているのは20名程度。
とても仕事をする気持ちにはなれなかったけれども、
翌々日にイベントを控えていたので、それをどうするかとか、
いろいろとやらなくてはいけないこともあった。
まだ時々揺れる。
旦那に再び連絡するがなかなかつながらない。
やっとつながったところで、
「帰れるかどうかわからないから、適当に寝てて」と伝える。
自宅はまだ停電が続いていた。
隣の義父母の家で、暗い中みんな一緒に、家にあるものを食べたらしい。
良かった。

私は、会社の先輩が22階の階段を往復して、レジに長時間並んで
買ってきてくれたカップラーメンを食べた。
ニュースを見ながら…。
東北の津波は本当に凄まじかった。
先日、映画「ヒアアフター」を観たばかりで、
まさかこれが現実になるとは…。

しばらくして、一段落したところで、帰ることに。
電車はまだ動いていない。
仕方ないので、歩いても帰れそうな同僚宅に泊めてもらうことに。
会社近くのスーパーで、簡単に食べれるものを買い、
(と言っても、スーパーの棚はほとんど空だった)
歩き始めた。
隣駅までついたところで、電車が動き始める様子。
急いで改札を入り、車掌さんに運行状況を聞く。
どうやら、家まで帰れそうだ。
良かった。

動き始めたばかりで、電車は空いていた。
そうして家に辿り着いたのは、夜の12:30。
停電は終わっていて、hiroがぐずっていた。
どうやら、途中で起きてしまったらしい。
「お母さんは?」と言って泣いていたらしい。
初めての停電だし、いつもと状況が違うから余計だろう。

でもみんな無事で良かった。本当に。
|つぶやき | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
|- | - | -









http://mk-hiro.jugem.jp/trackback/893